自然葬である散骨の注意点

  • 自然葬のうち、土葬はいまでも可能なのか

    • 自然葬といえば、海や山への散骨をイメージする方が多いのではないでしょうか。



      宇宙葬というものまで注目されています。



      「死んでから自然に還る」という、命が本来持っている「あるべき姿」の倣い加え、ロマンチックなイメージを膨らませることも可能となりました。自然葬のイメージは散骨が先行してしまっていますが、もともと日本が行っていた土葬も自然葬の一つです。
      現在はほぼ100%と言っていいほど、火葬を行います。



      散骨にしても、火葬してから骨を粉砕し、それを撒いています。
      火葬することが前提となっているのですから、死んだそのままの姿で土葬されることは、あまり目にしなくなりました。



      かといって土葬が法律で禁じられているのかといえば、そういうことではありません。

      災害などによって大きな人的被害が出てしまった時に、土葬を行ったということが近年でもありました。



      ただし平素は条例によって土葬を禁じている自治体や、土葬が行えない場所といった制限があります。
      病原菌の感染といった関係上の制限もみられます。


      また条例で禁じていない地域であっても、「内規」によって土葬許可を中々下ろさないということはあります。

      スムーズに土葬が出来る地域がごく限られているのは事実です。



      自然葬の中での土葬は、骨壷を直接土中に埋めるという葬送も、広義として土葬と位置付けています。

      近頃では火葬の後に、この方法をもって土葬とするという選択する方も増えてきています。

  • 関連リンク