自然葬である散骨の注意点

  • 自然葬のトラブルとは

    • 自然葬とは、「死んで自然に還る」葬送方法です。



      自然崇拝やその一端であるアニミズムの中で、行われてきたものです。

      土葬をはじめとし、鳥葬や風葬、水葬、樹木葬など、世界各国にはその風土や文化に合った自然葬が今も残っています。



      日本は火葬することが一般的となり、ほぼ100% 近い状態です。



      しかし土葬を行ってはならないということではありません。



      条例によって土葬できない地域(禁止地区)があるものの、条例などの法律に則っていれば、土葬許可が下りないことはありません。


      いま「自然に還りたい」「お墓といったしがらみを後世に残したくない」、そういう思いから自然葬を支持する声が高まっています。


      実際にそういった葬送方法を選択する人も増えてきました。直接土中に骨壷を埋めるというものから、海に散骨する、空から散骨する、宇宙に散骨するといった葬送まで様々です。


      しかしこれも火葬してその後骨を粉砕すれば「どこにでも撒いていい」「どこにでも埋めていい」というものではありません。
      たとえ法律によって制限されていなかったとしても、地域住民からクレームが出るような場所では、後々トラブルとなります。



      海に散骨する場所が養殖場や漁場の近くであったことからクレームが出て、トラブルに発展したといったことは少なくありませんでした。
      地域住民との折衝は、おろそかにはできないものです。そういったトラブルを避けるためにも、自然葬は信頼できる業者に依頼するということが、不可欠になります。



  • 関連リンク